クエリ文字列による HTTP ヘッダの代替

ブラウザ上で WebSocket API を利用する場合など HTTP ヘッダを使った実行時設定の指定ができない時は、 HTTP ヘッダの代わりにクエリ文字列を使って実行時設定を指定することができます。

HTTP ヘッダとクエリ文字列の対応は以下のとおりです。

HTTP ヘッダ名

HTTP ヘッダの値

クエリ文字列のキー

クエリ文字列の値

Authorization

Bearer

access-token

( "Bearer" という文字列は含まない )

Content-Type

audio/x-flac など

content-type

audio/x-flac など

その他の x-mimi- で始まるヘッダ
(例: x-mimi-process )

nict-asr など

HTTP ヘッダ名から先頭の x-mimi- を除去した文字列
(例:process)

nict-asr など

たとえば、以下のような HTTP POST リクエストは、

POST / HTTP/1.1
Host: service.mimi.fd.ai
Authorization: Bearer <accessToken>
Content-Type: audio/x-flac
x-mimi-process: nict-asr
Content-Length: 204800

以下のような HTTP POST リクエストと等価です。

POST /?access-token=<accessToken>&content-type=audio%2Fx-flac&process=nict-asr HTTP/1.1
Host: service.mimi.fd.ai
Content-Length: 204800

Did this page help you?