WebSocket API のサンプル

初めてのAPI実行 で、各種 HTTP API を実行しましたが、ここではコマンドラインではなくサンプルコードを用いて WebSocket API の利用体験ができます。

Step1 : アクセストークンの取得

1. トークンの取得を実行して、アクセストークンを取得してください。この際、音声認識サービスが実行できるようスコープの指定を行い、アクセストークンを払い出すよう注意して下さい。

Step2 : サンプルコードの取得

以下にアクセスし、JavaScriptのサンプルコードをダウンロードします。

https://github.com/FairyDevicesRD/mimi.tagengo.examples/tree/master/src/JavaScript

Step3 : 実行

mimiio_microphone.html を任意のエディタで開き、 process=nict-asr を以下の通り process=asr に変更して保存します。

保存後は mimiio_microphone.html をChromeなどのWebブラウザで開き、入力言語( x-mimi-input-language ) を指定した上で、「認識開始」ボタンを押します。マイクのアクセス許可ダイアログが表示された場合は「許可」を押してください。

// 変更前 
const url = base_url + "/?process=nict-asr&access-token=" + encodeURIComponent(access_token) + "&input-language=" + encodeURIComponent(input_lang) + "&content-type=" + encodeURIComponent(c_type);

// 変更後
const url = base_url + "/?process=asr&access-token=" + encodeURIComponent(access_token) + "&input-language=" + encodeURIComponent(input_lang) + "&content-type=" + encodeURIComponent(c_type);

マイクに向かって発声を行うと音声認識サービスが実行され、認識途中結果がリアルタイムに画面に反映されることが確認できます。認識処理が完了すると recog-finished が返却されます。

📘

NOTE :

本サンプルコードではマイクで取得した音声をそのまま音声認識にかけているため、環境雑音や発声時のマイクとの距離によって認識精度に影響が出る可能性があります。より精度の高い結果を取得したい場合は mimi® XFEを利用することをおすすめします。同サイト内のCONTACTからもお気軽にお問い合わせください。


Did this page help you?