HTTP / WebSocket Service

この項では話者識別の WebSocket API について述べます。

接続情報

URL: https://service.mimi.fd.ai
URL: wss://service.mimi.fd.ai

概要

HTTP 、WebSocketでの動作アクセスを受け付けており、発行されたアクセストークンで実
行することが可能です。 また、HTTPのリクエストヘッダに値を加えてアクセスすること
で、実行時に特定のサービスだけを実行させられます。 実行時設定として受け付け
る値は以下のものになります。

認証

WebSocket APIサービスをご利用の際には実行したいサービスに対応するスコープ( スコープ一覧 )を指定して発行したアクセストークンが必要です。
mimi® API Console 画面からの操作で取得するには トークンの取得 を参照ください。
APIの実行で取得するには 認証/認可操作 を参照ください。

クエリ文字列でのリクエスト

ブラウザ上で WebSocket API を利用する場合等、 HTTP ヘッダを使った実行時設定の指定ができない場合は、 HTTP ヘッダの代わりにクエリ文字列を使って実行時設定を指定することができます。
クエリ文字列による HTTP ヘッダの代替 の記述を参照ください。

パラメータ

Authorization

Authorizationにmimi アクセストークンを指定します。

key

value

description

Authorization

Bearer accesstoken

OAuth2準拠のBearerトークンとして発行されたmimi のアクセストークン

Content-Type

key

value

description

Content-Type

audio/x-pcm;bit=16;rate=(整数†);channels=1
または
audio/x-flac
または
audio/x-flac;rate=(整数†)

音声データフォーマットを、ヘッダなしリニアPCM(x-pcm)かFLAC(x-flac)のいずれかで指定。いずれの場合も、音声の形式は 符号付き整数(16bit リトルエンディアン), 1ch である必要があります。
† rate= に続く部分には 16000 や 48000 などのサンプリングレートを整数で指定します。サンプリングレートが 16kHz でない場合は、この指定を省略できません。

mimi® で定義されるカスタムHTTPヘッダ

以下のパラメータをHTTPカスタムリクエストヘッダとして指定します。

key

value

description

x-mimi-process

srs

サービス名

x-mimi-srs-speaker-group-id

(例)d205e98546e8476a8052b5debda8d4a7

話者グループID

実行

実行例 および 応答例については 話者識別 を参照してください。


Did this page help you?