mimi® の基本概念について

各ドキュメントで登場する用語について、ここで説明しています。

mimi® を利用したアプリケーション開発を行うにあたり、基本的な概念を理解する必要があります。このガイドでは概念とそれぞれの関係性について説明します。

基本概念

mimi® 上で登場する概念は一般的な言葉も含みますが、 mimi® 独自の意味合いを持つものがあります。これらについて説明します。

概念

説明

デベロッパー

mimi® を利用したシステム・アプリケーション等を開発する主体となる開発者(または団体)です。例えば、「株式会社A事業部B」、「山田太郎」のような単位となります。デベロッパーは、mimi® 利用規約に同意している必要があります。また、mimi® の利用費用の請求単位となります。

アプリケーション

mimi® を利用したアプリケーションを表します。ひとつの製品やスマホアプリ等に対応します。 例えば、「お掃除ロボットA」、「アプリB」のような単位となります。mimi® API はアプリケーション単位で各種の操作を行うことができます。アプリケーションを跨いだ操作を行うことはできません。デベロッパーは複数のアプリケーションを作成することができます。

クライアント

アプリケーションを利用する利用者を、mimi® が区別する単位です。mimi® は、クライアントを最小単位として、権限管理を行います。例えば、ひとつのクライアントは、製造された「お掃除ロボットA」の個別の1台に対応します。(異なるお掃除ロボットは、異なるクライアントとなります)。または、ひとつのクライアントは、個別のスマホにインストールされた「アプリB」と対応します(異なるスマホにインストールされたアプリは、異なるクライアントとなります)。
デベロッパーは、自身が開発しているアプリケーションにおいて、クライアントをどのような粒度で分割するかを、アプリケーションの要望に応じて決定することができます。
クライアントは、Open ID Connect 認証を経て mimi® へのアクセス権限が付与されたmimi® API アクセストークンを得ることによって、mimi® を利用することができます。

デバイス

アプリケーションが利用される際の、ハードウェア的な実体です。例えば、「個別のお掃除ロボットA」、「個別のスマホ」を指します。

エンドユーザー

アプリケーションを最終的に利用する人間を表します。 mimi® は通常、エンドユーザーを区別しませんが、話者識別機能を利用する場合等、特定話者の声を学習させるために、明示的にエンドユーザーを識別しなければならない場合はあります。

各概念の相関図各概念の相関図

各概念の相関図

具体例

基本概念への理解をより深めるために、2つの事例を見てみましょう。

コミュニケーションロボットの事例

ある小型のコミュニケーションロボットが、一般家庭に設置されているとします。このロボットを一人一台持っていることが想定されていますが、1台のロボットに対して全員が話しかけてくることもあります。
この場合、1つのクライアントは、1台のロボットに1対1で対応し、1台のロボットには、複数のエンドユーザーが対応することになります。
家庭内に2台以上のロボットが存在する場合、ひとつのクライアントが、1台のロボットに1対1対応している状態であれば、2台それぞれの mimi® の利用権限は独立しています。

ロボット応答アプリで音声認識を利用する場合ロボット応答アプリで音声認識を利用する場合

ロボット応答アプリで音声認識を利用する場合

例えば、家族を識別するために話者識別サービスを利用する場合は、ロボット間で mimi® に与えられた話者情報の共有が必要になります。このような場合は、1つのクライアントを2台のロボットに関連付けることで、2台のロボットに対して、同一の mimi® 利用権限を付与することができます。

ロボット応答アプリで話者識別を利用する場合ロボット応答アプリで話者識別を利用する場合

ロボット応答アプリで話者識別を利用する場合


Did this page help you?