HTTP Service

この項では音声合成の HTTP API について述べます。

接続情報

URL: https://tts.mimi.fd.ai/speech_synthesis

概要

NICT 音声合成エンジンを利用して、合成音声を作成することができます。実行時のパラメータによって、出力音声の話者の性別や出力言語などを変更することができます。

認証

APIサービスをご利用の際には実行したいサービスに対応するスコープ( スコープ一覧 )を指定して発行したアクセストークンが必要です。
mimi® API Console 画面からの操作で取得するには トークンの取得 を参照ください。
APIの実行で取得するには 認証/認可操作 を参照ください。

API Reference

音声合成 API 実行に関する詳細な情報については、API Reference 音声合成を行う を参照ください。

実行

以下は cURL を利用した HTTP サービスの利用例です。

実行例

  • 下記例文中では、項目 text に 「こんにちは」 のURLエンコード文字列である %E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF を引き渡しています。

※ 以下 cURL リクエスト例には末尾に play コマンドがついています。
再生できないデータが応答されたときには play コマンドでエラーになるので留意してください。

curl -X POST https://tts.mimi.fd.ai/speech_synthesis \
-H "Authorization: Bearer <accessToken>" \
-d text=%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF \
-d engine=nict \
-d lang=ja > test.wav; play test.wav

応答例

音声合成 API 実行が正常に完了した場合は合成音声をバイナリデータとして取得することになります。
mimi® API Console の音声合成デモンストレーション で合成音声を確認できます。


Did this page help you?